どんな方法でも、事業に魅力があれば資金は集まる!

大手や有名企業が取っている資金調達の形といえば、出資です。 大切なお金を自分の事業に賭けてくれるわけですから、それなりの準備と覚悟が必要になります。 また出資目的で設立している会社もあります。 誰が出資してくれるかにもよりますが、経営に多少影響が出る形です。

資本主義の基本的な資金集めの方法

起業の妨げになる資本金の決まりが撤回されて、会社を設立することは昔に比べて簡単になりました。
アイデアさえあれば、起業して事業を拡大し、成功している例もあります。
しかしながら、どこの経営者も資金繰りについては常に悩ましい問題。
まして起業するときは資本金額によっても税金などの掛かり方が違ってきますから、よくよく注意が必要です。
資金を調達する、というといくつかの手段が考えられます。
昔から定石になっている方法だけでなく、今の時代だからこそ検討したいクラウドファンディングなどもあります。
自分で資金を用意する以外での資金調達について、一番大切なことは、「起業したい事業内容がいかに魅力的であるか」という事です。
これから需要が拡大するであろう分野であることや、着眼点が今までにない斬新なものなど、「応援したい」と思わせる内容でなければ、なかなか難しいでしょう。
しかし、一つのアイデアを形にするにしても、いろんな方法があります。
アプローチ次第では納得してくれる、そこからまた別の魅力的な事業が派生するなど、ビジネスには予期しない展開がよくあります。
起業しても倒産する会社が多く、起業自体に二の足を踏んでしまうこともありますが、それを支援する形に、社会が変わってきています。
その事業が成功すれば、社会に寄与できるものも多くなりますから、応援したいという人も多いはずです。
どんな形で応援してもらえるのか、場合によっては協力してもらえるのかなども合わせて、起業する際の資金調達方法を見ていきましょう。

資金調達の王道

企業の資金調達といえば、金融機関が思いつきます。 しかし、起業となるとなかなか難しいかもしれません。 他にはどんな先があるのでしょうか。 資金調達の形は様々です。 一つに限ることなく、いろいろなパターンを想定しておきたいものです。 中でも一番スタンダードな、「借りる」という視点でまとめてみました。

選択肢をたくさん持とう

できることなら健全に起業したいものです。 資金調達の手段はたくさん持っていることに越したことはありません。 それでは、出資や借入れといった方法以外に、何があるでしょうか。 また、会社経営についても合わせて考えることで、無駄のない経営が実現したいものです。

△ ページTOPへ