資金調達の王道

金融機関からの融資

会社経営で資金調達といえば、まず金融機関からの融資を思いつく人は多いと思います。
それなりの体力を持つ金融機関ですから、融資してもらえれば、ある程度のバックアップは期待できますし、そのままその金融機関をメインバンクとして利用することもできますね。
そうすれば、資金の流れは一か所で管理できることになります。
しかし、金融機関は融資には慎重です。
融資したお金の回収見込みや、会社の将来性を考えて融資を実行するので、実績のない起業予定の会社に多額の融資をというケースはほとんどありません。
また、融資審査のために提出する資料も多く、揃えるだけでも大変な作業になります。
審査に時間もかかりますし、必ず融資が決定するという保証もありません。
起業の資金調達にはあまり有効とは言えない方法でしょう。

個人的に借りる

消費者金融などから個人的に借りるのも、方法の一つ。
金利が高いのがネックですが、当座の資金ない場合や、すぐに売り上げが立つなど、返済の具体的めどがついている場合は利用を考える人もいるでしょう。
カードローンなどを利用することで、ATMで手軽に借り入れや返済ができるのも魅力です。
また、親族や友人から借りる、という方法もあります。
それまで築いてきた人間関係から、人となりを理解してくれている人に協力をお願いするものです。
親族の場合は特に身内ですから、温情で貸してくれることもあると思います。
しかし、実は一番怖いのがこの方法。
返済計画が狂ったりすることで信用を無くし、人間関係自体に亀裂が入る場合もあります。
親しき中にも礼儀あり。
気軽にお願いできる関係ですが、一番気を使いたい方法でもあります。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
△ ページTOPへ